記事およびレシピ提供:あまね様(Twitter @amane6480)

ほうれん草について 特徴的な栄養素。

ビタミンでは ビタミンB6 C E K と葉酸 ミネラルでは βカロテン、鉄分、マンガン が含まれています。

この中で特に注目すべきなのが βカロテン 鉄分 です!

βカロテンは体内に入るとビタミンAに変換される栄養素なのですが (効果はがん予防、免疫力アップ) ほうれん草には葉物野菜の中ではトップクラスに多く含まれています。

鉄分は野菜どころか肉を含めてもトップクラスに多いです。 (同じ重さの牛レバーと同じレベルという研究もあるくらい) 他の栄養素はこの二つと比較すると、そもそも腸内で分泌されるので不足しにくい、 他の野菜でとった方が楽(旬の冬にはビタミンCが夏の3倍にもなるデータがありましたが、それでもブロッコリーの4分の1です) なので割愛。

ではβカロテンと鉄分はどうとればいいでしょう βカロテンは脂溶性ですので吸収率が上がります。

鉄分はヘム鉄と非ヘム鉄という2種類があるのですがほうれん草に含まれるのは 非ヘム鉄という栄養素です。

この栄養素はビタミンCの一緒に摂取すると吸収率が増加します。

つまり【油と一緒に】【ビタミンCと】食べたい食材ですね!

ここでおすすめなのが「 ほうれん草のマリネ」です。

ほうれん草のマリネ

生のほうれん草を、浅漬けのような感じで漬け込みます。


(3.5%の塩水100ml、お酢10ml、みりん20ml、お酒10ml) 1時間ほど漬け込んだ後、水気をよく切り、オリーブオイルドレッシングを かけて食べるのがおススメです。
ドレッシング(オリーブオイル10ml、塩1つまみ、お好みで昆布などの市販顆粒出汁) 加熱していない + お酢を入れてある ので元々ほうれん草に含まれているビタミンCを生かし、かつ油とともに摂取する事で吸収率を上げることが出来ます。

よろしければ是非お試しを!

この記事は、あまね様(Twitter @amane6480) より提供していただきました。