トマトに含まれる栄養素

トマト

これはもはや調べるまでもないくらいに認知されています。

トマトに含まれる栄養素をつらつらと書くと
ビタミンA
ビタミンB1、B2
ビタミンC
ビタミンE
カリウム
マグネシウム
カルシウム

食物繊維
などなど

その中でもやはりリコピン。
リコピンとはカロテノイドの一種で自然界の生物・植物が持つ赤・オレンジ・黄色といった天然色素のこと。
トマトのリコピンもトマトの赤い色素からということですな。

このリコピンは強力な抗酸化作用を持ち、東フィンランド大学の研究によるとリコピンの血中濃度が高いことで、脳卒中のリスクが55%、脳梗塞のリスクが59%低下するとのこと。
また、悪⽟(LDL)コレステロールの酸化を抑制し、⾎流を改善する効果もあり、積極的に摂取しておきたいですな。

また、運動後にトマトジュースを飲むと疲労回復が速いうえにアンチエイジング効果も高いとか。
これもリコピンのおかげのようです。

注意点として、ナス科野菜(トマト、ナス、ジャガイモ類(サツマイモを除く)、トウガラシ、ピーマン)は腸内の健康に良くない可能性があるとのことで、アレルギー持ちの人はちよっと注意が必要かも。
ただし健康な人だったら、ナス科野菜特有のメリットも数多くあるためにバリバリ食べましょう。

トマトの目安は一応1日中程度のトマト2個くらいです。
夏は平気でそれ以上食べられますけどね。