野菜の1日に必要な摂取量

野菜の1日に必要な摂取量

さて、厚労省は1日に350gの野菜と果物を摂取することを進めていますが、これは必要最低限の量であり、健康効果を欲するならもっと食べたいところ。

ではどれくらいの量がよろしいのでしょうか?

ハーバードやロンドン大学の共同研究で、野菜と果物を1日200gずつ増やすごとに病気のリスクはどう変わるのか?とポイントを調べた研究結果があります。

これは過去に行われた95件の観察研究をまとめたもの。欧米やアジアから集めた約200万人分という膨大なデータを扱っていて信頼度も高め。

結果としては
1日に野菜と果物を200g増やすごとに…
・全死亡率が10%減る!
・心疾患リスクが8%減る!
・発癌リスクが3%減る!

という素晴らしい結果。
800gまでこの効果は確認されたとのこと。
(ガンは600gまで)

そしてそれぞれの効果が期待できる食材は

・全死亡率の低下
すべての葉物野菜、ブロッコリー、カリフラワー、ベリー類、じゃがいも、かんきつ系果物、リンゴ

・癌リスクの低下
ブロッコリー、カリフラワー

・心臓と血管の病気の予防
すべての葉物野菜、ニンジン、かんきつ系果物、リンゴ

・狭心症や心筋梗塞の予防
すべての葉物野菜、ニンジンやサツマイモ、かんきつ系果物、リンゴ

やっぱりほうれん草とブロッコリーは最強ですなあ。

ただしこの手の研究の問題点もあって
・野菜と果物をいっぱい食べる人は運動もするしタバコもやらないんじゃない?
・だいたいのデータは自己申告で調べてるから誤差が大きくない?
とのこと。
しかし、野菜を食べるメリットは大きいので、1日800g食べられるような工夫をしてみてもいいかもしれません。
量が膨大だけど、私は今回のほうれん草が収穫できたらやってみるつもりです。