たま農園ぶろぐ

たま農園は、都心から車で約2時間半。
赤城山をはじめとした山々が見える、畑の真ん中にあります。
人懐っこいネコたちと、たま農園の人びとが畑で繰り広げる、ゆるりとしたブログをお楽しみください( ΦωΦ )

緊急事態宣言発令

緊急事態宣言発令

二度目の緊急事態宣言で、先行きがすっかり不透明になってしまいましたね。
ものすごく突然なのですが、一つお願いがあります。

どうか生き残ってください。

自分がコロナにかかってしまわないか、無自覚に感染を広げてしまわないか、勤めている会社は大丈夫なのか、経営しているお店は大丈夫なのか、自粛ばかり求められてメンタル的におちていないか、など、大変なことは山ほどあるかと思います。

自分では気づかないうちに溜まり切ったストレスが、ある日いきなり爆発することもよくあります。

もしその兆候を感じたら、自分に対してもっと優しくしてあげてください。
日本に住む人はとても真面目で、東日本大震災の時に行われた自発的な節電は、これ以上不可能なレベルになる程徹底されたそうです。

常に感染に無意識に怯えながら、それでも仕事を行い、たまに応援したいお店にも行き、家庭に老親や子供がいれば尚のこと気を使い続ける。

この心理的ストレスは計り知れないものがありますが、それでも生きていかなくてはなりません。

しかし、今こそ学び続けた弟子たちがその真価を発揮する時だと考えています。
周りが様々な情報に振り回され単に怯える中、淡々と日々の習慣をこなし、メンタルを整え、新たな学びを得て、見え難い先行きを共に手を取り合っていければ、この困難な状況も弟子で無かった頃に比べれば遥かに突破しやすくなっていることと思います。

私は学び続ける弟子のような人たちが、今後の社会を大きく変えると本気で思っています。

ただ、それでも景気はさらに悪くなり、自殺者も増えてしまう恐れも大いにあります。
その中でも何としても生き残ってください。
もし、辛く孤独と感じている人がいたら、とりあえず連絡ください。
こんな状況なので、いつものように「たま農園に来て」と言えないのが辛いところですが、私は将来共に活躍する弟子仲間を失うことを何より恐れています。
私はカウンセラーでもメンタリストでもないので気の利いた話しも傾聴も出来ませんが、それでも共に何か生き残る方法を考えたいです。

弟子は繊細で心優しい人が多いです。
その優しさを、たまには自分に向けてあげてくださいね。

“人間は大変だにゃ”

関連記事一覧